2016.10.06 (289 ヒット)

■日本商工会議所の検定試験の一つである、リテールマーケティング(販売士)検定2級(平成28年7月9日実施)に経営学科の2名が合格しました。合格したのは経営学部経営学科2年の肴倉勇人(サカナクラ ユウト)さん(青森中央高校出身)と沖縄国際大学産業情報学部企業システム学科から今年度国内留学し経営学科2年次に在籍している仲尾次怜子(ナカオシ レイコ)さんです。2人共すでに3級は取得済みで、2級の試験は1回目の受験で合格することができました。

 

            肴倉 勇人さん                      仲尾次 怜子さん

続きを読む | 残り456字 |


2016.10.06 (83 ヒット)

 7月9日(土)、東京ビッグサイトで開催された「夢ナビライブ2016東京会場」において、経営学部会計ファイナンス学科の坂口勝幸先生が、「簿記は身近な存在です」と題して、高校生を対象に夢ナビTALKを行いました。その模様を動画で紹介します。


2016.10.05 (176 ヒット)

 9月30日、リスク検定・認定書の交付が学内でおこなわれました。リスク社会で生き残るために、企業や組織は全社的にリスクを管理する体制を整えなければなりません。「リスク検定」は社員、特に現場で活躍する人を対象にリスクの理解度、認識力を数値化することにより、リスクマネジメント教育のツールとすることを目的に、社会人対象に実施されています。

 昨年は、某大手保険会社で500人を超える社員が受験しました。今年度は11月に名古屋、東京、大阪で行われる公開試験の前に、本学で8月に団体受験を実施しました。

 本学では6年目となりますが、8月9日の受験に14名が挑戦しました。今回の最高得点は78.2点に達し、平均点67.7点は昨年度より高い得点となりました。リスクマネジメント協会試験委員会が設定している目標値(いわゆる合格ライン)は60点です。今回の試験結果では受験生の86%が目標値をクリアしました。

続きを読む | 残り287字 |

2016.09.21 (302 ヒット)

 坂口専門ゼミナールの壬生慶紀君(ミブ ヨシキ、経営学科2年、八戸商業高校)が、7月に実施された「第1回地方公会計検定」で3級に合格した。

 本検定は、総務省から地方公共団体の要請(平成27年1月23日付け総務大臣発「統一的な基準による地方公会計の整備促進について」)に対応し、これまでの官庁会計の基本である単式簿記による現金主義会計から、複式簿記による発生主義会計を取り入れて体系化された基準で実施されている。

 各地方公共団体では、会計制度の大転換に等しい動きへの具体的な対応策として、職員による本検定受験を奨励し、新しい考え方への円滑な移行を模索している。

続きを読む | 残り269字 |

2016.09.14 (194 ヒット)

 経営学部坂口ゼミナール14名(2年ゼミ:6名、 3年ゼミ:8名)は、9月12日(月)視察研修旅行を実施した。
 目的は、2年生で取り組んでいるテーマである「簿記を通じて業種の違いを知ろう」について、前期に取り上げる「農業簿記」に関して、一点目は、農業の現場における位置付けや農業経営における原価意識について生の声を聞くこと、二点目は、近年では一般的になってきた農業生産法人について知ることである。

駒谷農場訪問(中央:代表 駒谷氏)

続きを読む | 残り295字 |

2016.08.04 (153 ヒット)

 7月3日に実施された農業簿記検定(主催:日本ビジネス技能検定協会)において、経営学部坂口専門ゼミナール(2年生)から4名(1級1名 2級 3名)が合格しました。

 本検定は、今回が第5回で開始から3年目ですが、昨年も同ゼミから5名の合格者(全員2級)が出ています。今回から1級が新設され、1名が見事合格しています。

 農業分野は、政府の経済成長戦略の柱の一つになると言われています。農業に関する経理知識も、ニーズが増すものと期待されます。



前列左:出 南 綾 香 (1級合格)札幌東商業高校出身
  右:橋 本 彩 花 (2級合格)旭川実業高校出身
後列左:林   敬 介 (2級合格)富良野緑峰高校出身
  右:壬 生 慶 紀 (2級合格)八戸商業高校出身


アクセスカウンター

本日のカウント:66
1日前::261
2日前::384
3日前::290

トータル:663582
Since 2011/8/4

学科パンフレット

経営学科パンフレット

経営学部報のダウンロード

リンク

江別商工会議所検定試験のご案内(日商簿記・販売士)
簿記検定試験・販売士検定試験のご案内
日本FP協会
経営学検定試験
リスク検定