学科の目的と教育目標

1.会計ファイナンス学科の目的

会計とファイナンスの領域における経営実践の学修を通じ、会計とファイナンスの領域にまたがる幅広い知識を身に付け、社会的ニーズをサポートする豊かな知識と高度なモラルを併せ持つ人材の育成を目的とします。

2.経営学科の目的

経営実践の学修を通じて高度なマネジメント能力と戦略的思考を育み、高いモラルとコンプライアンス精神を持ち、地域の自立的な経済・社会の発展の新たな基盤形成に貢献しうる人材の育成を目的とします。

3.会計ファイナンス学科の教育目標

(1)会計とファイナンスの知識をベースとしたマネジメント能力の開発。
(2)会計人、金融ビジネスパーソンとしてのモラルとコンプライアンス精神の育成。
(3)会計とファイナンスの総合的な知識による環境適応能力の育成。
(4)協働の精神と自律する力を持った会計人、金融ビジネスパーソンの育成。

4.経営学科の教育目標

(1)変化する現実に適応可能なマネジメント能力の開発。
(2)ビジネス実践におけるモラルとコンプライアンス精神の育成。
(3)環境適合・持続可能性の視点と行動における戦略的思考の育成。
(4)実践教育を通じて協働の精神と自律する力の育成。

学科パンフレット

経営学科パンフレット

リンク

江別商工会議所検定試験のご案内(日商簿記・販売士)
簿記検定試験・販売士検定試験のご案内
日本FP協会
経営学検定試験
リスク検定