[資格支援]
初めての合格者です −農業簿記検定2級に4名が合格−
2015.10.01 (1244 ヒット)

 7月5日(日)に実施された第3回農業簿記検定(主催 一般財団法人 日本ビジネス技能検定協会)において、経営学部「坂口ゼミナール」の2年生4名が2級に合格しました。

 本検定試験は、法人化や異業種からの参入、加えて今話題となっているTPPも視野に入れ、新しい農業経営における経理処理を体系的に身に付けることを主眼に、昨年度から設けられました。


後:左 中井  将人(江別高校)       後:右 佐々木信晃(札幌東商業高校)前:左 小上彩也花(札幌啓北商業高校) 前:右 山川 修平(岩見沢緑陵高校)




 今年度の坂口ゼミでは、「簿記を通じて業種の違いを知ろう」をテーマに取り組んでおり、前期は日本の農業に関する諸問題を考えながら、この検定試験にすべてのゼミ員が取り組みました。出題レベルが「日商簿記検定2級」とほぼ同等(実際は、若干難易度は高い)なため、対策には苦労しましたが、このような実績につなげることができました。

 合格者の一人で、ゼミ長を務める佐々木信晃君(会計ファイナンス学科2年生)は、「農業について学ぶ中で、これからの農業経営には原価意識をしっかり持つことが必要であることが理解でき、そのためにはきちんとした経理処理が不可欠であるので、検定試験に意欲的に取り組む事が出来ました。」とコメントしています。

 この経験を生かし、来年度から加えられる1級へも意欲的に挑戦する予定です。


 


リンク

江別商工会議所検定試験のご案内(日商簿記・販売士)
簿記検定試験・販売士検定試験のご案内
日本FP協会
経営学検定試験
リスク検定