[資格支援]
建設業経理士検定2級に合格
2017.06.05 (161 ヒット)

 第21回建設業経理士検定試験(29.3.12)において、会計ファイナンス学科3年 林 敬介君(坂口ゼミナール)が2級に合格しました。

 本検定試験は、国土交通省所管の登録経理試験であり、1級及び2級の合格者にはそれぞれ「建設業経理士」の称号が与えられ、公共工事入札に係る経営事項審査の評価対象となっています。2級の試験は、難関資格である日本商工会議所主催の簿記検定2級とほぼ同じレベルであり、加えて建設業会計の特色を理解し、しっかり取り組まないと合格は簡単ではない。

 坂口ゼミナールでは、「簿記を通じて業種の違いを知ろう」をテーマとして取り組みを行っており、検定試験受験についても奨励している。林君は、同ゼミナールの中で唯一の合格者となった。


 合格にあたり林君は、「自分の希望は、会計の学びを生かし公務員として地元に貢献すること。行政の仕事は広範囲であり、資格取得を通して色々な会計を知りたいので自信になった」とコメントしている。今後は、地方公企業会計検定試験への挑戦も考えているとのことです。


リンク

江別商工会議所検定試験のご案内(日商簿記・販売士)
簿記検定試験・販売士検定試験のご案内
日本FP協会
経営学検定試験
リスク検定