[資格支援]
2017.06.05 (161 ヒット)

 第21回建設業経理士検定試験(29.3.12)において、会計ファイナンス学科3年 林 敬介君(坂口ゼミナール)が2級に合格しました。

 本検定試験は、国土交通省所管の登録経理試験であり、1級及び2級の合格者にはそれぞれ「建設業経理士」の称号が与えられ、公共工事入札に係る経営事項審査の評価対象となっています。2級の試験は、難関資格である日本商工会議所主催の簿記検定2級とほぼ同じレベルであり、加えて建設業会計の特色を理解し、しっかり取り組まないと合格は簡単ではない。

 坂口ゼミナールでは、「簿記を通じて業種の違いを知ろう」をテーマとして取り組みを行っており、検定試験受験についても奨励している。林君は、同ゼミナールの中で唯一の合格者となった。

続きを読む | 残り126字 |

2017.01.24 (365 ヒット)



 2017年1月16日、会計ファイナンス学科4年生の須藤敦基君(弘前実業高校出身)が、公認会計士の短答式試験に見事合格しました。

 在学中の短答式合格は、昨年卒業した辻将太君(岩見沢緑陵高校出身、在学中に論文式も合格して監査法人に就職)に次いで、二人目です。

 須藤君も8月に行われる論文試験に向けてさらに勉強中です。


2016.12.20 (619 ヒット)

 このたび、会計ファイナンス学科4年生の庄司達矢君(北海道函館商業高校出身)が2016年8月実施の第66回税理士試験「財務諸表論」に見事合格しました。庄司君は、昨年の税理士試験で、すでに「簿記論」に合格しており、2科目の合格となりました。

 平成28年度の財務諸表論の受験者数は11,420名で、合格者が1,749名、合格率では15.3%という極めて厳しい試験結果での合格となりました。庄司君は会計科目の2科目に合格しているため、引き続き税法の勉強に励むことになります。また、卒業後は、北海道大学の大学院への進学が決まっています。

 庄司君の今後の変わらぬ研鑽を期待しております。


2016.10.06 (744 ヒット)

■日本商工会議所の検定試験の一つである、リテールマーケティング(販売士)検定2級(平成28年7月9日実施)に経営学科の2名が合格しました。合格したのは経営学部経営学科2年の肴倉勇人(サカナクラ ユウト)さん(青森中央高校出身)と沖縄国際大学産業情報学部企業システム学科から今年度国内留学し経営学科2年次に在籍している仲尾次怜子(ナカオシ レイコ)さんです。2人共すでに3級は取得済みで、2級の試験は1回目の受験で合格することができました。

 

            肴倉 勇人さん                      仲尾次 怜子さん

続きを読む | 残り456字 |

2016.10.05 (545 ヒット)

 9月30日、リスク検定・認定書の交付が学内でおこなわれました。リスク社会で生き残るために、企業や組織は全社的にリスクを管理する体制を整えなければなりません。「リスク検定」は社員、特に現場で活躍する人を対象にリスクの理解度、認識力を数値化することにより、リスクマネジメント教育のツールとすることを目的に、社会人対象に実施されています。

 昨年は、某大手保険会社で500人を超える社員が受験しました。今年度は11月に名古屋、東京、大阪で行われる公開試験の前に、本学で8月に団体受験を実施しました。

 本学では6年目となりますが、8月9日の受験に14名が挑戦しました。今回の最高得点は78.2点に達し、平均点67.7点は昨年度より高い得点となりました。リスクマネジメント協会試験委員会が設定している目標値(いわゆる合格ライン)は60点です。今回の試験結果では受験生の86%が目標値をクリアしました。

続きを読む | 残り287字 |

(1) 2 3 4 ... 11 »

リンク

江別商工会議所検定試験のご案内(日商簿記・販売士)
簿記検定試験・販売士検定試験のご案内
日本FP協会
経営学検定試験
リスク検定